自分を大きく成長させてくれます。

尾原正浩



タイ冨士プラスチックス 製造部PQT課 尾原 正浩          (おはら まさひろ)
2011年入社
(情報系工学研究科 機械情報システム工学専攻修了)



入社のきっかけと入社後の印象

 当時大学就職担当教授からの紹介と、実家から通勤できる距離だったので入社試験を受けました。入社後は、いろいろと声をかけてくださる人が多くすぐに会社の雰囲気に溶け込むことができました。


仕事内容

 PQT(Production Quality Technician)課の業務内容は、各工程で発生する不良の改善、段取り担当者や作業者の作業指導が主なものです。毎日、朝と夕方に行っている通訳を交えてのミーティングでは、不具合や問題点をみんなで話し合い、対策方法を考えるなど、担当者と期日を決めて改善活動をしています。日本では各工程でそれぞれ専門の担当者がいるのですが、タイでは一人ですべての工程プラスαの仕事を行います。日本では未経験の仕事をしたり、タイ人に自分の言いたいことがうまく伝わらなかったりして大変ですが、自分が成長するとても良い機会となっています。

ohara3.jpg ohara02.jpg

 部署メンバーと一緒に                        社員と旅行


今後の目標                                   TFP現場ohara004.jpg

 急にトラブルが起きてもすぐに正しい判断ができるようになりたいです。














海外での暮らし

 平成26年9月にタイへ赴任して1年が過ぎました。赴任して最初の3ヶ月はホテル暮らしをして、現在は少し慣れてきたのでサービスアパートで暮らしています。アパートは街の中心地にあり近くにコンビニ、少し歩くとデパートもあるのでとても便利です。
 タイ料理は辛すぎて食べづらいものもありますが、果物は美味しく、日本であまり馴染みのないドリアンやマンゴスチン等を食べることができます。
 休日は1ヶ月に2回のペースで現地日本人スタッフの人たちとゴルフへ行きます。あとは海が好きなのでよく海へ行きます。沿岸部から少し離れた島に行くととても綺麗です。

就職活動中の学生へ

 英語が喋れなくてもなんとかなり海外でも暮らしていけます。でも、喋れたほうが良いですよ。



カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
検索フォーム
最新記事
カテゴリ