「若手社員奮闘記」とは

日々、活躍・奮闘する冨士ベークライト若手社員の手記をご覧下さい。

笑顔を忘れず頑張ります

matsuda1.jpg技術部生産技術課 松田 良司 (まつだ りょうじ)
2015年入社
(工学部 機械工学科 卒業)


入社のきっかけと入社後の印象

インターンシップに参加し、実際にCADを使い工作加工機で加工を体験したことで、モノづくりの楽しさを学びました。わからない事があれば親切に教えてくださり真摯な対応に好感を持ちました。
また、会社説明会に参加し雰囲気が良かったのと、作られる製品、工作機械にも興味があったので志望しました。
入社してからも、気さくに話しかけてくれる方が多く、コミュニケーションの取りやすい職場だと感じました。
matsuda2.jpg


仕事の内容

製品をつくる生産体制を整えるため治工具、設備などの手配製作、作業場のレイアウト、現場改善などを行っています。新規製品立ち上げ、既存生産ライン改善では、高品質でより効率的な生産方法を確立できるように心がけています。


苦労していること

治具、設備不良が起こった時の対応には苦労していますが、不具合の真因を突き止める作業では、いろいろな知識、経験豊富な上司(先輩)に相談できます。


仕事のやりがい

実際に自分の手掛けた治具、レイアウトで製品が生産されるのを見た時は嬉しいです。
改善を行い実際に、効果が数字としてでた時は達成感があります。


今後の目標

松田に任せておけば大丈夫と言われるような一人前になることです。


学生時代のクラブ活動matsuda3.jpg

中学、高校はバスケ、ラグビーをやっていました。
大学は茶道部に入っていました。


就活中の学生さんへのメッセージ

自分の興味がある会社、職種をよく調べて働きたい職場を見つけてください。 





QDCトータルで考える人間になりたいです

                  ※Quality (品質)、Delivery (納期)、Cost (費用)


DSC01973 - 福原賛1営業部営業2課 福原 賛 (ふくはら あきら)
2015年入社
(工学部 機能高分子工学科 卒業)


入社のきっかけと入社後の印象

 学生時代を東北の山形県で過ごしましたが、就活にあたって地元岡山県に帰って来たいと思っていました。元々ものづくりにも興味があり、専攻も高分子関係の学科ということでちょうど良いと思い、志望しました。
 入社して感じたのは、社内の5Sや改善活動などを積極的にしている印象を受けました。また、何をするにもルールがしっかり存在しており、非常に真面目な会社だと思いました。

DSC01963 - 福原賛2
仕事の内容

 お客様から引き合いを頂き、見積り回答~受注~開発~量産~終息まで、その機種の生まれから終わりまで、お客様の窓口としてお問い合わせに対応しています。
 カーナビなどの車載部品のライフは、およそ2年間です。開発期間は、6ヶ月~1年程度あるので、量産期間と合わせて約3年間、その機種の対応をします。
 お問い合わせ内容としては、コストや納期に関することはもちろん、技術的なものや品質面についてなどさまざまあります。当然自分だけでは分からない内容も多いので、都度上司や関係部署に助けてもらっていますが、いずれは自分で判断しスピーディーに対応できるようになりたいです。


苦労していること(困っていること)

 基本的には自分の能力不足が原因ですが、金型の製作や、社内で出来ないメッキ品などの納期フォローや、梱包資材の調達などに苦労します。
 しかし、ここをしっかりしておかないとお客様への納品が出来ないということになり、絶対に取りこぼしてはいけない部分になります。また、せっかく立てて頂いた製造部の生産計画も変わることになるため多大な迷惑が掛かります。
 お客様へも社内にも迷惑をかけることがないよう、心して業務にあたっています。


嬉しかったこと

 初めて自分が見積もりした機種の受注を頂いた時は嬉しかったです。
 また金型が完成し、それまで図面でしか見ることが出来なかったものが実際に成形され形になっているのを見た時は感動しました。


頑張っていること

 昨年、射出成形2級の国家技能検定試験を受けて合格しました。成形だけでなく、金型構造や塗装・印刷などの加飾についても日々勉強中です。
 技術的なことを理解していないと冨士ベークライトの営業は難しいので技術に強い営業マンになれるよう頑張っています。


今後の目標

 タッチパネルの普及や画面の大型化によりボタン部品がなくなる傾向で、部品の共通化が進んだり、電気自動車、自動運転・・・と、近年の自動車ビジネスは、めまぐるしく変化しています。こういった変化に対応すべく、営業として正確な情報収集、タイムリーな情報展開が出来るような、感度が高い人間になりたいです。
DSC01959 - 福原賛3


学生時代のクラブ活動

 学生時代は、社交ダンス部に入っていました。入部のきっかけは不純な動機ですが、だんだんとのめりこんでいきました。社会人になってからはやる機会もなくなってしまいましたが、生涯スポーツのためいずれはやりたいと思っています。


趣味

 実家が岡山県北のため週末は地元に帰ることが多いです。地元では釣り(海・ダム・池)に行くことが多いです。
 天気が良ければ洗車もします。夏の暑い日に汗をかきながら洗車をして、ワックスをかけてピカピカになった車を見ながら一服すると、大変達成感があります。
 また、冬にはスノーボードにも行きます。季節に合ったことをするのが好きです。


就活中の学生さんへのメッセージ

 学生時代の研究や専攻がそのまま仕事に活かせることは、少ないだろうと思います。
 理系・文系関係なく、自分が興味を持った会社の説明会などには、積極的に参加した方が良いと思います。多くの企業・人と会話をして、自分がココだ!と思う一社を見つけられるよう、頑張って下さい。

周りの温かさを感じてます

tsubouthi-1.jpg機能品事業課 坪内 利奈 (つぼうち りな)
2015年入社
(工学部 バイオ・応用化学科 卒業)


入社のきっかけと入社後の印象

 様々な企業説明会に参加した中で、ひときわ丁寧かつ誠実にお話をしてくださった事に、好印象を受けたことが最初のきっかけです。その後、工場見学に参加し会社の雰囲気のよさにも惹かれました。
 入社後は、球技大会やフェスティバルなどが定期的に開催され、普段関わることが少ない方とも交流することができ、非常に良い環境で、メリハリがきちんとしている会社だと思いました。また、上司や先輩社員の方々は、私の些細な質問にも丁寧に答えてくださいますし、質問の答えだけでなく、今後に繋がるように調べ方や根本的な考え方なども指導して頂いており、会社の方々の温かさを感じています。

tsubouthi-2.jpg
仕事の内容

 機能品事業部では自社製品の開発を行っています。現在は、主に半導体関連の製品を扱っており、今も新規製品の量産に向け開発の真っ最中です。
 その中で、私は主に製品の分析や材料の基礎物性確認試験などを行っています。また、機能性材料の開発のため、時には材料のコンパウンドも行っています。
 最近では、現場で成形立合いをする機会が増え、ものづくりの難しさや面白さを実感しています。

今後の目標

 新たな機能製品の企画・開発ができるような人材になりたいです。

苦労していること

 海外のお客様と営業マンとのメールのやり取りが英語の時は、内容を理解する前に訳すだけで大変な事があります。今後、英語は必須になってくると思うので、地道に勉強していこうと思います。

tsubouthi-3.jpg
学生時代のクラブ活動

 大学時代は、ケイビングクラブという洞窟探検をするクラブに入っていました。なかなかスリリングな洞窟もあり、日常では味わえない楽しさや恐怖がありました。
 学生時代にしか出来ない経験が沢山でき、異質なクラブ活動でしたが挑戦してよかったと思います。

就活中の皆さんへ

 様々な企業が集まって説明をしてくれたり、会社見学や社員の方との交流ができるのは、就活生の特権だと思います。折角の機会ですので、いろいろな業界を見てみてはいかがでしょうか。視野を広げることで新たな発見もあるかもしれません。

自分を大きく成長させてくれます。

尾原正浩



タイ冨士プラスチックス 製造部PQT課 尾原 正浩          (おはら まさひろ)
2011年入社
(情報系工学研究科 機械情報システム工学専攻修了)



入社のきっかけと入社後の印象

 当時大学就職担当教授からの紹介と、実家から通勤できる距離だったので入社試験を受けました。入社後は、いろいろと声をかけてくださる人が多くすぐに会社の雰囲気に溶け込むことができました。


仕事内容

 PQT(Production Quality Technician)課の業務内容は、各工程で発生する不良の改善、段取り担当者や作業者の作業指導が主なものです。毎日、朝と夕方に行っている通訳を交えてのミーティングでは、不具合や問題点をみんなで話し合い、対策方法を考えるなど、担当者と期日を決めて改善活動をしています。日本では各工程でそれぞれ専門の担当者がいるのですが、タイでは一人ですべての工程プラスαの仕事を行います。日本では未経験の仕事をしたり、タイ人に自分の言いたいことがうまく伝わらなかったりして大変ですが、自分が成長するとても良い機会となっています。

ohara3.jpg ohara02.jpg

 部署メンバーと一緒に                        社員と旅行


今後の目標                                   TFP現場ohara004.jpg

 急にトラブルが起きてもすぐに正しい判断ができるようになりたいです。














海外での暮らし

 平成26年9月にタイへ赴任して1年が過ぎました。赴任して最初の3ヶ月はホテル暮らしをして、現在は少し慣れてきたのでサービスアパートで暮らしています。アパートは街の中心地にあり近くにコンビニ、少し歩くとデパートもあるのでとても便利です。
 タイ料理は辛すぎて食べづらいものもありますが、果物は美味しく、日本であまり馴染みのないドリアンやマンゴスチン等を食べることができます。
 休日は1ヶ月に2回のペースで現地日本人スタッフの人たちとゴルフへ行きます。あとは海が好きなのでよく海へ行きます。沿岸部から少し離れた島に行くととても綺麗です。

就職活動中の学生へ

 英語が喋れなくてもなんとかなり海外でも暮らしていけます。でも、喋れたほうが良いですよ。



カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
検索フォーム
最新記事
カテゴリ