「若手社員奮闘記」とは

日々、活躍・奮闘する冨士ベークライト若手社員の手記をご覧下さい。

様々な人と関わることができる環境です


ozawa1



技術部開発課 T.O. さん 
2020年入社
(尾道市立大学 経済情報学部 経済情報学科卒業)

入社のきっかけと入社後の印象

 合同企業説明会にて、製品(車載部品や半導体関連製品)の話を聞いてとても面白そうだと思ったのが入社のきっかけです。
入社後の印象としては、社内の距離感が近いため様々な人と関わりやすい環境だと思います。


仕事の内容ozawa2


 私の所属する開発課では、製造の前段階として、お客様と一緒に製品の成立性を確認し、社内外の多くの方々の協力のもと、より良いものづくりが出来るよう調整を行っています。



苦労していること

 製造上の問題点について、誰かに説明したり、自分で解決策を見つけ出したりするには、様々なことを理解しておかなければならず苦労しています。今後トラブル発生時に、対策案の提示や問い合わせ対応を迅速に行うことが出来るよう勉強を続けたいと思います。


仕事のやりがい

長い期間をかけて一つの製品が出来上がったときや、自分が担当した製品が世間で発表され、ネットに掲載された写真を見たときには達成感ややりがいを感じます。


今後の目標ozawa3

 まずは、一つの案件を自分が主体となって進められるようになりたいです。
また自分では伝えたつもりでも相手には伝わっていないということもあるため、他部門の人と正確に意思疎通が図れるようコミュニケーション能力を向上させたいです。


最近の出来事

 最近は音楽ライブ・フェスに行ったり、温泉・サウナ巡りにハマっています。


やってみたいこと

 渓谷バンジージャンプと柏島でのダイビングをしたいです。


就職活動中の学生へメッセージozawa4

 就職活動が上手くいくかどうか不安に感じている方が多くいらっしゃると思いますが、まずは一歩踏み出してみることが大事です。
少しずつでも目の前のことを乗り越えていけば、必ず成果はついてきます。



製品の不良が出ない仕組みを作ります


asano1


技術部技術センター K.A. さん
2020年入社
(岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 卒業)


入社のきっかけと入社後の印象

 実家から通える距離であることと、インターンシップに参加した際に社員と実際に話をする場があり、楽しそうだと感じたことが入社のきっかけです。
社内には様々な年齢層の社員がいて、最初は話しかけにくいと感じる方もいましたが、質問をすると優しく教えてくださるので仕事はしやすい印象です。


仕事の内容
asano2
 私の所属する技術センターでは、製品に不良(想定外の品質のもの)が発生した際、不良の確認・原因調査・対策を行い、今後同じようなことを起こさないためにはどうすればいいのかなどを考えています。
他にも現状の製造工程(成形・塗装 など)でもっと効率よくできないかを考え、新しい技術の調査なども行っています。


苦労していること

 他部署との関わりが多い中、コミュニケーション不足が原因で思い通りにならないことがあります。そこで密に連絡を取り、情報共有を行うことで改善を進めています。また、未だに知らない専門用語を聞くことがあるため、その場で調べたり、上司に聞くようにしています。


仕事のやりがいasano3

 製品の不良改善の取り組みで、原因を発見し対策を行うことで不良が減ったり、その対策を他の製品の製造過程で活用できたりした時には「やってやったぞ!」と思えます。また自分が関わった製品が車に取り付けられているのを見ると嬉しくなります。


今後の目標

 今は上司に相談してアドバイスを貰いながら仕事を進めることが多いですが、自分で最初から最後まで判断ができるようになりたいです。また海外にも工場があるので、現地で一人でも問題なく働けるような人材になりたいです。


趣味

 休みの日は映画を見たり、大学時代の友人と麻雀をしたりします。


就職活動中の学生へメッセージasano4

 就職は人生の大きなターニングポイントだと思います。少しでも多くの企業のインターンシップや会社説明会に参加し、「この会社はここが優れている」「この部分はダメかも」「自分のやりたい事ができそう」など、後悔のないよう様々な情報を集めてみてください。

お客様と共に製品の設計を行っています


kobayashi1


技術部開発課 K.K. さん
2019年入社
(岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科 卒業)


入社のきっかけと入社後の印象

 製造業かつ実家から通える会社を探していたところ、合同企業説明会やインターンシップで雰囲気の明るさに惹かれ、この会社を選びました。また、かっちりしすぎていない所も自分の中では好印象でした。
入社後の印象としては、優しい人が多い会社だと感じています。誰にどんなことを聞いても丁寧に教えてくれます。


仕事の内容kobayashi2

 私の所属する開発課では、製品を受注してから大量生産を行うまでの製品開発を行っています。試作を重ね、開発品が安定して量産できるような条件や方法を確立させています。また、お客様からの要望が実現可能かを検討し、難しい場合は妥協案を提出することも仕事の一つです。


苦労していること

 専門用語など、理解できないことが多く、金型メーカーやお客様とのやり取りの中で、説明がすぐに理解できないことや、うまく説明できないことが多く苦労しています。また、納期が迫っているにもかかわらず、試作が上手くいっていないことが多々あります。その度に社内・社外問わず協力してもらいなんとか対応しています。今は助けてもらうばかりなので、いつか助ける側に回りたいと努力しています。


今後の目標kobayashi3

 まだまだわからないことが多く、先輩に尋ねることがほとんどのため、経験を積み自分で判断できるようになりたいです。
まずは「どうすればいいですか」から、「こうしたいのですが、どうでしょうか」と自分の意見が持てるよう一つ一つ勉強していきます。


学生時代のクラブ活動

 中学校では野球を、高校ではバドミントンをしていました。
大学では塾講師のアルバイトばかりしていて、部活動・サークル活動はしていませんでした。

行ってみたい所

 USJに行きたいです。ハリーポッターエリアにまだ行けていないので、コロナが落ち着いたらハリポタの世界に浸ってみたいです。


就職活動中の学生へメッセージkobayashi4

 たくさんの会社がある中で、どの会社にするか選ぶことは、とても難しいと思います。自分の中でこれは譲れないという軸を決めてみてください。給与、業種、職種、場所、福利厚生等なんでもいいです。軸が決まれば、後悔しない選択に一歩近づけると僕は考えています。

製品の良否を決める金型を設計しています


hirano1
製造1部金型技術センター Y.H. さん
2019年入社
(岡山理科大学 工学部 機械システム工学科 卒業)


入社のきっかけと入社後の印象

 大学では機械系の学科で学んでいたため、就職先は製造業にしようと考えていました。大学内で合説が開催された際、鉄以外の分野で何かないかなと探していたら、プラスチック製品を製造している冨士ベークライトに出会い、興味を持ったことが入社のきっかけです。
入社直後は不安なことも多かったですが、先輩方が優しく分かるまで指導してくださり、雰囲気もとても良いので、そんな不安はすぐに解消されました。


仕事の内容hirano2

 私の所属している金型技術センターは、金型(プラスチック製品の元になる金属製の型)を設計・製造している部署です。
私は現在、製品やマスキングジグ(製品の加工・塗装時に使う治工具のこと)の金型設計をしています。また、自分が設計する金型がどのように使われるのかを把握するため、現場と話し合いながら仕事を進めています。


苦労していること

 金型設計には基準やルールが多く、それらをなかなか覚えられず苦労しています。
また他部署とのやり取りの中で金型について聞かれた際、自分がわからないことだと即答が出来ず、相手に申し訳なく思います。解決策として、「まずは自分で考えて、それが間違いないか先輩に聞く」というサイクルを繰り返し、知識を増やすよう努力しています。


仕事のやりがいhirano3

 実際に自分が設計した金型によって、製品や治具が成形されて形となったときにやりがいを感じます。いろいろと苦労することが多い分、なんとか形にできた際にはすごく達成感があります。



今後の目標

 設計者として未熟でまだまだなのでしっかり経験を積み、皆から信頼されるようになりたいです。また自分で判断して、お客様と話を進めていくことができるように頑張りたいです。


趣味

 今はソフトテニスとスポーツ観戦が趣味ですが、他にも新しい趣味を見つけたいです。


就職活動中の学生へメッセージhirano4

 自分自身がやりたいと思っている業種だけでなく、様々な企業の話を聞き、見学してみてください。私も合同企業説明会で企業や業界への理解を深めることができました。
今、コロナウイルス感染拡大の影響で様々な行動が制限され大変だと思いますが、悔いのないよう頑張ってください。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
検索フォーム
最新記事
カテゴリ